GoogleMapsとAPIによる有効活用

GoogleMapsはGoogle社が提供している地図情報システムです。地図検索を行えるだけではなく、目的地を指定することで乗り物ごとの最短ルートや予想到着時刻、乗換案内、路線図などの情報を調べることができます。地図情報システムであるが3D機能やストリートビューを用いることで指定した位置をリアルに表示することも可能です。Web上で使用できるだけではなく、アプリケーションにもなっています。

そのためスマートフォンでも使用することができます。指定した位置を登録することでカーナビゲーションのように扱うことも可能です。カーナビゲーションとして使用する場合、より便利な機能が複数あります。機能の一つとして一度に複数の目的地を設定することができます。

これにより最短ルートで一つの目的地にたどり着くのではなく、他の目的地を経由するなどの使い方ができます。他にも高速道路などの有料道路を通らない経路を教えてくれたりなどカーナビゲーションとしての機能は多岐にわたります。地図情報システムとして多くの機能を持つGoogleMapsですが、APIとして使用することも可能です。APIとはソフトウェアの一部を公開することで、他のソフトウェアと機能を共有できるようにしたものです。

GoogleMapsAPIにより、個人のサイトや自分で開発した他のアプリケーションにGoogleMapsによる地図や機能を用いることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *