GoogleMapsAPIのプレミアム版の利用

GoogleMapsAPIには利用回数や制限がある無料版とほとんど制限がなくなるプレミアム版が用意されています。どちらも地図表示という意味では違いがありませんが、機能面ではプレミアム版が必須と考える企業も増えてきています。企業でGoogleMapsAPIを利用する場合に重要となるのが社内システムやクローズドシステム、販売システムで利用できるかです。これらのケースではプレミアム版が必要となります。

年間契約が必要となりますが、独自開発するよりも十分コスト面でメリットがあるプランと考える企業が多いです。GoogleMapsAPIは多くの機能が無料で利用できますが、トラッキングなどの機能は有料版のみとなっています。また、ウェブサイトやサービスによっては無料版では利用回数が制限されてしまうケースも多いです。そのような場合、プレミアム版を契約することでサービスに制限がなくなります。

ただし、プレミアム版でも利用回数に上限が設定されていますが、殆どの場合、制限は問題とならないほど多く回数が設定されています。無料版を利用できるウェブサイトやウェブサービスでも利用回数が多ければ課金対象となります。その場合、有料プランに移行したほうがコスト面で安いケースが増えてきています。また、企業での利用の場合は社内システムで利用できることで独自開発したり、他社から地図を買ってくるよりもコスト面で有利になる場合が多く利用が進んでいます。

SEO対策のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *