GoogleMapsAPIプレミアムの活用

GoogleMapsAPIは、WebサイトにGoogleMapsの機能を埋め込みたい時に使うライブラリです。個人サイトから企業サイトまで使えますが、それぞれに対してライセンスがあり、用途に応じてライセンス契約をしていきます。無償で使えるバージョンは、法人サイトのような物ではない場合であり、Webサイトで課金サービスにGoogleMapsAPIを使うのであれば、GoogleMapsAPIプレミアムと呼ばれる有償プランを契約する必要があります。GoogleMapsAPIプレミアムは、無償版とは違って、様々な部分で制限無しで機能を使う事が出来るようになるメリットがあります。

大規模にAPIを使って地図情報を表示するには、サービスの利用者数によってはマップデータの表示件数が足りなくなってしまう事があります。課金サービスとして提供すれば、GoogleMapsAPIプレミアムの契約や利用で掛かる費用を回収する事ができ、サイトにアクセスする多くの会員に高レベルなサービスを提供していく事が可能になります。APIを活用すれば、地図データを使ったサービスにおいて機能を追加しやすくなり、一から機能を開発しなくても、APIの力を借りる事で品質の高いサービスの開発が実現出来ます。航空会社や鉄道会社などは、路線図に周辺マップデータを付け加える事で、駅や空港の周辺で使える店やホテルなどの情報を顧客に対して提供しやすくなります。

ビジネスの幅を広げる手段として、プレミアム版のAPIは効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *